FOOD

ぶどう

投稿日:2019/04/29 更新日:

ぶどうの線画素材です。

ぶどうの概要

生食用の他にワイン用、干しぶどう用と目的に合わせて品種が決まっており、現在はペルシアやカフカスが原産のヴィニフェラ種と、北アメリカ原産のラブルスカ種が栽培され、加工されています。

果実は生食される他に、乾燥させてドライレーズン、ワインなどのアルコール、ジュース、ジャム、ゼリー、缶詰の原料となります。ワインを原料としたワインビネガー(酢)も製造されています。


美容や健康食品向けの成分

ぶどうの種子:絞るとグレープシードオイルが採れ、顔やボディオイルなどとして使用できます。

ぶどうの種子:プロアントシアニジンという成分が含まれ、抗酸化作用や他にも期待される作用が多数あり、健康食品などに取り入れられています。

ぶどうの皮:アントシアニンなどポリフェノールが豊富に含まれており、赤ワインやグレープジュースは健康的且つ美味しい飲み物として人気。

-FOOD
-, , , , ,

Copyright© Helthing Stock , 2020 All Rights Reserved.